読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大神神社→桧原神社 参拝

月一の三輪さん(大神神社)参拝。

なかなか行ける都合がとれず昨日やっと行かせていただいた。

なんと偶然、その日は太陽のお正月(冬至の次の日)

これは桧原神社にも足をのばしてお参りさせていただかないと。

 

桧原(ひばら)神社は元伊勢のいちばんはじめ(と思いますが?!)

大昔、皇居にお祀りされていた「天照大御神」を崇神天皇

「まつりごとを司る皇居に天照大御神」様をいっしょに祀るのは恐れ多い!!

どこかお祀りさせていただける清らかなところを探そう!娘、豊鍬入姫命よ、その場所を探してきておくれ。」

と言われて(しゃべりかたはわたしの想像です)

豊鍬入姫命が「帝のお父様。この場所がよろしーと思われます。」と今のお伊勢さんをこの地に決めたのが桧原神社らしい。

しかし豊鍬入姫命は「なんだか、ちがうわね。。。」とそれからも最適の地を探しもとめ年齢も日も重ね体力の限界がきたとき、姪っ子の倭姫命に託します。

バトンタッチされた若い倭姫命の長い旅路ははじまります。

丹波にも元伊勢はありますが、そこだけではなく琵琶湖辺りも探されたのじゃないかなと?!わたしの想像ですが。。。

旅館も乗り物も何もない時代、どこにどう泊まられたのか?!

独身で巫女として仕え皇女に生まれながらお二人は長い長い巡業でご苦労されたんだな。と。

そして最終的に伊勢に天照大御神」が鎮座されるのです。

わたしたちがお伊勢参りができるのもこのお二人の姫君のおかげなのですが

数ヶ月前のお伊勢さん参りでも想像を膨らませてジ〜ンとしました。倭姫命の神社も内宮の近くにあります(まだ行ったことないので来年こそ)

このお話(実話)が好きなので長くなりましたが

桧原神社からの眺めも素敵

f:id:mayo333:20151224170026j:plain

景色はぼやけて、すみません。でも素敵な良い神社です。

 

お仕事ブログは

mayo333.hatenablog.com