読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偉人の人々

極寒ですね。

今までマンション住まいだったのが最近、実家(築100年以上?)なので寒さがすごい。

空襲と阪神大震災をうけて家がゆがみ、部屋の戸が閉まらないので(苦笑)寒い寒い。

 

先日、仕事で近くまで行ったので松下幸之助歴史館に寄った。

www.panasonic.com

その中にモニターで見れる幸之助さんの言葉と姿があるのだけど、たいへん感銘した。

特に「成功するまでやる、10年かかってもそれ以上になっても成功するまでやる」ていう言葉と「素直な心をもつ」という言葉に感銘し他の言葉のモニターも見て2時間以上館内にいてたかも(笑)

今、仕事で次にやりたいなーと思いながらのんびりがんばってるせいか5年ぐらいかかってるやん。

と思いつつ、あきらめられないというか、やりぬきたい。と思い。

でもこれでいいんやろうか?という気持ちも0.3%ぐらい芽生えてたのが幸之助さんの言葉で綺麗にふっとんだ!

「ありがとう幸之助さん」

偉人という人らは亡くなってからも人の気持ちを励ましてくれるねんなー。と

松下幸之助歴史館はおすすめです。

 

話の続きではないけど昨日、台湾人の若い女の子としゃべってて

彼女はインスタント麺がとっても好きなので百福さん(日清の創業者、発明家)の話をもちかけた。

若いのに百福さんも知ってて日本語の上手さはいつもすごいので関心したのだけど〜

彼女は「百福さんて台湾の人だよ〜」て教えてもらって、びっくり。

そうなんや。

昔、TVで百福さんを知り、ものすごい努力家の人やなあ、名前も縁起ええし。と

インパクト強かったけど、昔、台湾からきた人だったら時代背景のこともあり、人間以上の努力と根性にちがいない、百福さんの本、今度図書館で借りてみよう(幸之助さんとちがうんかい笑)

しかし台湾の彼女の日本語もすごい(だじゃれも理解できる)

台湾に行ったとき案内してくれるみたいなので楽しみ♡

おかゆはタロ芋(話聞くと紫芋に似てる?)と台湾セロリ(細いらしい)いれたものが美味しいとの話。

 

写真は松下幸之助歴史館、建物もおしゃれ。

f:id:mayo333:20160125145430j:plain

f:id:mayo333:20160125145456j:plain